車のナンバープレート

公開: 2019/4/14

車のナンバープレートの番号を希望の数字にすることができますが、ずっと以前に6809というのを使っていたことがあります。

個人で好きな番号にしたり、社用車の番号を同じにしたり、いろんな番号を見かけます。自宅近くの不動産屋さんでは、乗用車から軽トラまで同じ番号です。
3298というのがよくあるというのをYahooニュースで見かけましたが、ミニクーパーのオーナーだそうです。

30年以上前にマイコンというのが世に出てきた頃にコンピュータに興味を持っていた方なら、6809と聞いてお分かりではないでしょうか?
当時の8ビットCPUは、インテルの80系とモトローラの68系がありました。
自分も興味があったので、勤めていた会社の後輩がコンピュータに精通していて、プログラム(コード)がCPUによって違うというような初歩の初歩から教えてもらいました。
教えてもらいながら、マシン語(今は死語?)を勉強するために買ったのがモトローラ発行の書籍だったので、68系でのプログラムが少しできるようになりました。
6809というのは68シリーズの最後で、究極の8ビットCPUと言われました。
このCPUのためにOS9というオペレーティングシステムが開発され、8ビットでありながらマルチタスクであり、実際に数人が別々の作業をすることができました。

ということで(前置きが長い)、コインパーキングでこの番号の車を見つけました。
分類番号から見て、希望された番号でははなさそうですが。

それで? オチは無いんかい?という話です。

/////

 

コメントを残す