チェコ – ビールを飲む旅?! (6) 帰国

公開: 2019/09/29

8日目:

プラハ発朝7時の便でアムステルダムへ向かいます。
ホテルで頼んだタクシーは5時半に来て、6時ちょっと前にバツラフハベル空港へ到着。すでにオンラインチェックインを済ませているので問題なく、アムステルダムへ向かいました。
プラハ発9時50分というのもあったんですが、高かったので早いのにしました。

アムステルダムに9時前に着いて、関空へは14時45分発なので6時間近くあります。
ネットを見たりして時間を潰していましたが、朝が早くて何も食べていなかったのでMediterranean Sandwich Barで少し食べました。あとで見るとネットの口コミではあまり評価が高くなかったんですが、サンドイッチは美味しかったです。

空港のラウンジ1にあるこんな外観のお店です。サンドイッチや飲み物をトレイに乗せてレジへ行き、支払いしたら空いているテーブルを探して座ります。
ガイドブックで、
メディトリアン〜と書いてあるのを見ましたが、メディトレニアンというのが実際の発音に近いと思います、クラブメッドと同じです。
名前の割には地中海のイメージはなかったですが、魚系はありました。
トリップアドバイザーなどの口コミ評価は良くないですが、空港で値段が高いのは普通では?

出発前になってKebaya Asian Brasserieというレストランでまたビール
アジア料理ということで刺身やラーメンなどあり、日本酒のお銚子とお猪口で飲んでいるカップルがおられて、みんなお箸を上手に使っていました。
ビールはさすがにハイネケンでした。
このお店は、日本のように食べ終わったらレジで勘定するシステムでしたが、自己申告というか店員が判断するようで、伝票は来ません。

やっとこさ搭乗時刻になって、関空へ11時間。日本への飛行は偏西風の影響があって、往路(11時間40分)より短くなります。10年以上前ですが、出張帰りでスイスのチューリッヒ空港から関空まで10時間を切ったことがあります。
ただ、チューリッヒはアムステルダムより経度で4度弱(約400km)近くなるので30分くらいは割り引かないといけませんが。

到着は少し遅れて、追加の酒税を払ったりしていてリムジンバスのタイミングが悪く、関空を出たのは11時前でした。

去年は台風で関空が水浸しになり、自家発電も動かず危機管理のずさんさに呆れたものですが、こんな掲示がありました。

遅まきながらも頑張ってください。

なお、旅行前に雑誌や本(「プラハ迷宮の散歩道」など)、ネットなどいろいろ調べましたが、なかでも Nicolena World を大いに参考にさせてもらいました、感謝!

/////

 

チェコ – ビールを飲む旅?! (6) 帰国」への1件のフィードバック

あきこ へ返信する コメントをキャンセル